木曜日, 7月 24, 2014

木村:集団的自衛権の行使容認の問題でも、韓国は具体的な困難に直面しています。日本の憲法解釈の変更を受け今後、韓国の防衛計画を定める際に米国は日本の戦力も当てにする可能性が高い。

 韓国軍の「戦時作戦統制権」が米韓合同司令部にある限り、韓国はあらゆる軍事計画を米国と一緒に作らないといけない。

 しかし韓国は自らの世論と中国の反対により、日本の戦力を当てにした計画に応じることはできない。結果として米韓両国は戦争が起こるまでもなく、作戦計画策定の段階で対立してしまうのです。

 韓国の困難とは、米中どちらを支持するかという抽象的な問題にとどまらないのです。日本の集団的自衛権を巡る問題は極めて具体的なものであり「今、直ちに」直面する問題でもあります。

自衛隊が韓国防衛に関わるということですか?

鈴置:日本の戦闘部隊が韓国の陸上で活動する計画が検討されることはないでしょう。ただ「朝鮮半島周辺海域での機雷の除去は海上自衛隊に担当させよう」と米軍は言い出すかもしれません。

 韓国海軍には掃海部隊は事実上ありません。米海軍も太平洋での掃海は日本の海上自衛隊に任せてきました。朝鮮戦争当時に米国の占領下にあった日本は、海上保安庁の掃海部隊を朝鮮半島近海に送って機雷除去を実行し、犠牲者を出しています。

米韓同盟の希薄化

韓国はどうするのでしょうか。

木村:近い将来、米国から作戦統制権を返してもらえば、むしろ米韓の余計な対立を引き起こさないから得策だ、との計算が韓国の中で生まれてもおかしくないと思います。

 そもそも韓国軍の戦時の作戦統制権問題は、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権当時の韓国が持ち出し、米国から韓国に戻す約束になったのです。

 朴槿恵政権は2015年12月に返還する予定を、延期するよう米国に求めています。しかし、永遠に「米国が作戦統制権を持ち続ける」わけにもいかないでしょう。

鈴置:作戦統制権の返還は在韓米軍の削減や、撤収につながると考えられています。

木村:その通りです。結局、日本の集団的自衛権の行使容認は、韓国の作戦統制権の返還問題に影響し、今度はそれが朝鮮半島からの米軍削減を加速することになると思います。

鈴置:在韓米軍が軍事的にも、精神的にも韓国を守っています。その削減とは米韓同盟を希薄化することを意味しますね。

中国が仕掛けた「中立化の罠」にはまる韓国:日経ビジネスオンライン

冷戦期にフィンランドはソ連との間で「友好協力相互援助条約」を結びつつ、自由主義的な経済体制を維持しました。

「友好協力相互援助条約」とは?

鈴置:第3国の軍隊がフィンランドを通過してソ連を攻撃しようとした場合、フィンランドは軍事的に抵抗する義務を負う。この際、フィンランドが必要と判断するならソ連の助けを借り得る――が骨子です。

 第3国とは米国を中心とした西側を意識したものです。ですから冷戦期にはフィンランドをソ連の仲間と見なす人もいました。ソ連に対し「体を張った中立」を約束したに過ぎないのですけど。

 実際、東欧諸国と異なって、フィンランドはソ連の衛星国にはなりませんでした。政治体制も西側と同じ議会制民主主義であり、市場経済システムを維持しました。ノキアだって、そこから生まれたのです。

中国が仕掛けた「中立化の罠」にはまる韓国:日経ビジネスオンライン

木村:中国は心情面でも上手に韓国に働き掛けます。韓国の将来を読む際、この要素は見落とせません。

 7月の中韓首脳会談でも習近平主席は朴槿恵大統領に、2015年の「戦勝70周年行事」に韓国を招待したい、と提案しました。ここに込められているのは「中国は韓国を戦勝国だと認めているよ」というメッセージです。

 サンフランシスコ講和条約に至る過程において、韓国は自らも「戦勝国の一員」であることを主張したものの認められませんでした。

 それはこの国のナショナリズムの深い傷になっています。中国はこれを見越した上で「自分たちは韓国と同じ歴史認識を持っていますよ」とアピールしているわけです。

 この問題は西安における「光復軍」記念碑建設問題ともリンクしています。日中戦争当時、韓国の民族主義者たちは重慶に「大韓民国臨時政府」の本拠を置いていました。「光復軍」とはその軍事組織です。

 米国や英国はこの「政府」を承認せず「光復軍」に対しても自分たちに協力する、非公式武装組織の1つとして以上の地位を与えませんでした。

 このような中で当時、「大韓民国臨時政府」を承認し、積極的に利用したのが、中国――といっても当時は「中華民国」ですが――でした。

 現在の中華人民共和国政府はこの中華民国時代の歴史を用いて再び、中国は常に韓国の側にあったのだ、というアピールを行っているのです。歴史認識問題に敏感な韓国の人々に対する、実に巧みな宣伝方法だと思います。

 ちなみに韓国メディアによると「戦勝70周年行事」への招待提案は、事前の外交的すり合わせなしに突如、習近平主席から持ちかけられたそうです。

 朴槿恵大統領個人にも強い印象を与えたことでしょう。この辺りも、中国は本当に韓国の心理的な弱みをよく理解して、外交を展開していると思います。

中国が仕掛けた「中立化の罠」にはまる韓国:日経ビジネスオンライン

このニュースを解説するなら、もっとしかるべき専門家に話を聞くべきではないか。マスメディアにそんな疑問を感じていたことが、2007年に新しい言論批評の場をめざした「シノドス」設立の動機の一つでした。

 専門性を欠いた意見が広まるのは、社会にとって害悪でしかありません。世論を喚起する上で、圧倒的な力をもつマスメディアがそれではまずい。世界と日本で起きている問題をもっと深く知りたい読者のために、ジャーナリズムとアカデミズムをつなぐ確かな場が必要だと考えました。


 最初はメールマガジンから始めて、4年前からウェブで毎日記事を配信しています。これまで寄稿やインタビューに協力してくれたのは約450人。いわゆる論客ではない、40代から下の学者が大半です。政治経済、国際から社会、科学、教育、福祉、それに最近は文化までジャンルを広げ、僕と評論家の荻上チキ、経済学者の飯田泰之の3人が、1本ごとにテーマと人を決めて依頼します。

 貧困が原因で社会的な不利益を被るのは不公平だ、というくらいのリベラルな視点を共有していますが、従来の論壇誌のように、立場が同じ論者が集まる場ではありません。保守派も登場するし、論じかたもリベラルや左派の「型」を脱しようと意識しています。

(耕論)届く言論とは 芹沢一也さん、柴山桂太さん:朝日新聞デジタル

発行部数は6千~7千部。もちろん大手に比べれば多くありませんよね。といって、「現代若者論」とか、いまの時代に合わせた企画をやって部数を増やそう、という発想はまったくありません。

 そもそも現代が過去にない新しい時代だという見立て自体が、陳腐です。政治の腐敗も家族の崩壊も時代の不安も、歴史的には何度も繰り返されている。保守思想には、そういう前提があります。

 重要なのは、そうした保守の感性が、未来を予測する力を持ってきたことです。フランス革命の顛末(てんまつ)も、冷戦崩壊も保守思想家の予測がおおむね正しかった。古典や経験の中に人間の普遍性を探り当てるからです。時代を超えた「出来事の核」をつかまえることが肝心なんです。


「表現者」が繰り返し論じてきたテーマに、大衆社会と民主主義があります。近年よく聞く、「過剰な大衆迎合で、政治も文化も劣化した」といった指摘とは少し違います。大学で研究しているという点では自分は知識人の一員だけど、一方で僕も大衆の一人。自分を棚にあげて高みに立った批判にならないよう気をつけています。

 多数派の言論、つまり世論にはいつも落とし穴がある。世論は非常に浅いレベルでの大衆の欲望を表現していて、随所に矛盾はあるし、常識を外すこともある。世論の力がとりわけ大きくなるのが民主主義。もっと深いリアリティーをもった別の見方があると、警鐘を鳴らすのが知識人の役割です。

 よく誤解されますが、大衆社会批判の矛先は普通の生活者ではなく、知識人です。知には権力がある。政治家や官僚、企業経営者、どれも間違ったら責任を問われるのに、知識人は問われない。間違って平然としているエコノミスト、山ほどいるじゃないですか。

(耕論)届く言論とは 芹沢一也さん、柴山桂太さん:朝日新聞デジタル
petapeta:

ZsaZsa Bellagio – Like No Other
Le dôme Tiffany (1893) du Centre culturel de Chicago

petapeta:

ZsaZsa Bellagio – Like No Other

Le dôme Tiffany (1893) du Centre culturel de Chicago

女性が電話で「私今御堂筋線乗ったよ!○○ちゃん今どこ?………え!新潟?!」っていう通話を大声でしてて車内がどよめいてる。 Twitter / Ssssuuummi: 女性が電話で「私今御堂筋線乗ったよ!○○ちゃん今どこ?……… … (via eternityscape)
面接で
「何か質問はありますか?」
「学生のうちにやっておくべきことはなんですか?」
「4月分の生活費を稼いでおくこと」
はマジであった
Twitter / youls000 (via yellowblog)
sakrogoat:

Icones Mortis Sexaginta Imaginibus, Eberhard Kieser

sakrogoat:

Icones Mortis Sexaginta Imaginibus, Eberhard Kieser

スパイダーソリティアを教えてあげたら10年間スパイダーソリティアだけをやる機械になってしまった母さんにビジュエルドを教えたら今度はビジュエルドだけをやる機械になってしまった。

Twitter / yukutare

ゆくたれさん。

(via kikuzu)